目の疲れ解消、眼精疲労緩和、眼病予防のために/目の健康ランキング〜サプリメント・食事など

サプリメントなど目の健康ランキング

眼精疲労、目の疲れ解消方法ランキング

top > 入浴、サウナで目を温める

【眼精疲労解消ランキング第一位】

入浴、サウナで目を温める

◆サウナの効用

目や身体を温めることは、末梢血管が拡張し、血行がよくなることで、疲れ目(眼精疲労)解消、眼病予防に大変役立つ方法である。これほど即効性があり、その効果がすぐに実感できるものは少ない。

そしてこのことは、いかに目の血行をよくすることが、目の健康にいいかも教えてくれる。

ホットタオルで目を温めることは、自宅等であればいつでもどこでもできるため、とても便利でやり方である。
しかし、更に効果的なのは、やはりお風呂やサウナで目だけでなく身体全体をゆったり温めることである。

1日の終わりは、目も疲れてぐったりである。特に近視の方は、目もかすみ、かなり視力も低下している。

そんな時に、銭湯に行き、そしてサウナに入る。そうすることで、目の1日の目の疲れがすっきりとれる。疲れてよく見えなくなっていた目も、サウナでじっくり温めた直後は、驚くほどクリアに見えるようになる。

ホットタオルでは、ここまでの効果は期待できない。確かに、ホットタオルでも目の疲れは改善されるが、すぐに疲れが戻ってくる上に、視力の回復にまでは至らない。

私は、合計四回、近視手術をしているが、その結果、朝起きたときは1.0ぐらいは見えるのであるが、少し疲れたら0.1ぐらいになってしまう。そんな時でも、サウナに入れば、再び、1.0かそれ以上すっきりと見える。
何故、こんなに視力が回復するのか不思議なほどである。

こうした経験から、私は毎日、サウナでしっかりと目の疲れをとれば、近視もかなり予防できるのではないかと考えている。

目のピントは、水晶体につながっている毛様体という筋肉が伸縮して厚さを変えている。そして目を使っていると、毛様体の動きがだんだんと鈍くなってなり、ピントが合わなくなる。

通常は目を休めれば、疲労がとれて、再びピントがあうようになるのであるが、毎日毎日、疲労がとれないうちに目を使うと、毛様体が動きが鈍いまま固定化してしまうようになる。これがいわゆる近視である。

すなわり、近視は、疲れを翌日、そして翌日と毎日、持ち越して蓄積されていく結果、起こる。

そこで、重要なのは疲れを翌日に持ち越さないことである。1日の終わりにしっかりと目の疲れをクリアすることである。そうすれば、疲労が蓄積されずに近視もかなり防げる。

但し、そのような近視を防ぐ効果を得るには、やはり一時間ぐらいは、お風呂やサウナでしっかりと身体や目を温める必要がある。事実、急いで、お風呂や銭湯に入ってすぐに出ても、私の視力はあまり回復しない。

ちなみに、私はいつもスポーツクラブで汗を流した後に、お風呂とサウナを利用している。もともとかなりの近眼であった上に、今みたいなレーシックがない時代のRK及びPKRの手術をしたために、正直、目の調子は悪く、常に苦しまされている。

しかし、そんな目の苦しみを唯一、忘れさせてくれる場が、銭湯とサウナに入っている間である。

私はよく目を使い過ぎた時は、目の奥がじんじんと痛み、夜中じゅう苦しまされることもある。また偏頭痛になることもある。そうした痛みは頭痛薬も効かないことが多くて、大変な苦痛である。
しかし、そういう状態でも、サウナに入っている間は、不思議にその痛みは感じない。しかもし、サウナからあがったら痛みがとれてしまうこともある。恐るべき、サウナの力である。

ところで、仕事の関係もあり、私は一昨年よりスポーツクラブに通えなくなった。サウナも時折、週に1回、銭湯で入る程度である。その結果、明らかに急激に右目の視力が落ちてしまった(左目はなんとか見えている)。

なお、家庭用のサウナもある。私も所持しているが、けちって小さいドライサウナを購入したため、効果はやはり半分っていったところである。

足ばかりが熱くなり、なかなか身体全体や目を温めるのに時間がかかる。(もちろん、ないよりはあったほういいことには間違いないが)

家庭用での購入は、スペースがある方は、できれば2人分ぐらい入れるぐらいの大きいものがいいだろう。

知人が2人用のサウナを持っているので、使わせてもらったことがあるが、やはりまるで別物といった感じだ。身体の温まり方も違うし、それにゆったりとリラックスできる。

(ただ、最近のは一人用でもずいぶん機能は改善されているようではある)

ドライサウナではなく、ミストサウナという手もある。

ドライサウナは皮膚の表面を焼くような、カッとする熱さが何とも言えない魅力であるが、それとは異なり、内部からしっとりと温めてくれるのがミストサウナの魅力である。
また、あまり強いドライサウナを長期間にわたり利用していると、肌が黒くなることがあるが、ミストサウナにはそれがない。
しかもミストサウナに十分入った後は、肌がしっとりとつるつるになる。

もしかしたら、疲れ目(眼精疲労)解消や眼病予防にも、もしかしたらドライサウナよりもミストサウナの方がいいのではないかと思うぐらいである。
場所も取らずに、値段も手頃である。

サウナはうまく使えば、水道代もかからず、お風呂よりも経済的である。毎回毎回、浴槽にお湯を貯めていたら、かなりの水道光熱費が発生するが、サウナでは光熱費は多少はあるが、水道費は発生せずにかなりお安くつく。
こうした点からも、サウナは目を温めるのに大変すぐれたツールと言える。

サウナでしっかりと身体や目を温めて、1日の目の疲れを翌日に持ち越さないことーこれこそが、目の健康維持のためにとても重要なことである。

もちろん、サウナに入れる環境にない方は入浴でも、それなりの効果はある。私は時々、たまらなく目が疲れてつらい時があるが、そういう時にはお風呂にたっぷりとお湯を貯め、入浴し、そして顔をお風呂につけて、顔全部をお湯で温める。これはこれで、即効性のある目の疲れ解消法である。

◆サウナの入り方

サウナの入り方ですが、その基本は、「温めて冷やし、そして温めて冷やす」である。これを何度も繰り返す。
反復入浴法とも言われる方法であるが、、長時間に渡り、サウナを楽しむことができる。

冷やすには水風呂が一般的であるが、水風呂がある公衆浴場では可能であるが、家庭ではなかなか難しいだろう。家庭での限界といったところである。

なお、これから家を建てられる方なら、ビルトイン方式(浴槽内にあらかじめサウナを作ってしまう)でサウナを設置するとともに、浴槽内から中庭に出られるような出口を設けられたら、最高であろう。

目の健康を考える、ある程度資金の余裕のある方にはお勧めしたいやり方である。

◆サウナに入る際の注意事項

サウナでは、かなり汗が出るので、事前に、そして途中途中で水分を十分に摂ることが大事である。

身体が暖まると、血管が広がり、血液の循環がよくなるが、汗が大量に出て水分が身体から失われると、いわゆる血がどろどろの状態となり、逆効果となる。
TV番組「たけしの本当は怖い改訂家庭の医学」によると、42度ぐらいの暑すぎるお風呂は意識障害を起こして危険だとのことである。

十分に水分を摂ることーこれだけは是非、守っていただきたい。

更に、サウナから水風呂の、または水風呂からサウナに入るといった場合は、急激な体温変化により、心臓にかなりの負担がかかったり、血圧が急に下がることもある。

昨今、お風呂場で血圧が下がり、意識を失い、心臓が止まったり、意識を失って溺死する方は1万人以上いるともいわれているので、要注意である。

心臓が弱い方、年齢のいった方は、あまり急激に熱いお風呂やサウナに入ったり、冷たい水に浸かったりはを繰り返すのは避けた方がよい。
若い人も十分、注意したほうがよいだろう。

サウナを利用する時は、自らの身体の状態をよく考え、不安を感じたら、いきなり寒いところから暑いサウナに、暑いサウナから水風呂に入るということを避け、一旦、椅子に座るなどして身体をならしたほうがよい。

サウナはストレス解消にも大変よい。ストレスは活性酸素発生の原因にもなり、万病の元でもある。
こうした点からも、サウナをうまく活用したいものである。

浴槽につかることでも疲れ目(眼精疲労)はかなり摂れるが、浴槽では首から下だけを主に温め、首から上は間接的に温めることしかできないので、やはり直接、目を温めることができるサウナほどの効果は期待できないであろう。
もしサウナを使わずに目をしっかり温めようとするならば、浴槽の中に顔をつけることである。そうすることでかなり目は温まる。私も時折、この方法で目を温めるが、目の痛みが和らいでいくことがよく実感できる。但し、綺麗なお湯のうちに実行しないと、目にばい菌が入る可能性がある。またその後で十分に目をすすぐ必要がある。

シャワーで目を温めることもかなりの効果がある。但し、この場合は水津光熱費がかさむというデメリットがある。


*本サイトには、できる限り信頼性のある情報限に基づいていますが、異なる見解がある場合、及び私見も含まれます。又、無断転載お断りいたします
Copyrights (C) 眼精疲労・疲れ目を克服するための100の方法 .All Rights Reserved 2011
姉妹サイト:眼精疲労、疲れ目解消のの知恵辞典