目の疲れ解消、眼精疲労緩和、眼病予防のために/目の健康ランキング〜サプリメント・食事など

サプリメントなど目の健康ランキング

眼精疲労、目の疲れ解消方法ランキング

top > サングラス

【眼精疲労解消ランキング第五位】

サングラス

◆サングラスは必需品

パソコンから目を守るのに、やはりもっとも手軽に、そして効果が期待できるのは、やはりサングラスであろう。

最近のパソコンはAV機能を謳い、やたらと明るくてまぶしい。DVD鑑賞にはいいかもしれないが、長時間のデスクワークには、眼に刺激が強くてあまり向かない。
しかし、市場に出回っているのはそんなパソコンばかりであるから、嫌でもそういうパソコンと付き合わざるを得ない。
そこで、必需品となるのがサングラスである。

◆紫外線カットを謳うサングラスを選ぶ際の注意

ほとんどのサングラスには、紫外線透過率99%以上カットなる言葉が並んでいる。しかしよくよく見ると、ほとんどのサングラスはUVBは完全にカットしても、UVAは完全にはカットできない。

すなわち、紫外線カット率99%以上いいながらも、実はサングラスはUVBはカットしてもUVAの波長域である320ナノメートル〜400ナノメートルをくまなくカットできないのである。

よくUVカットとしか書かれているサングラスがあるが、それはUVBはカットしてもUVAはカットできないのである。

紫外線の中でUVAがもっともエネルギーが小さいと言えども、地上に降り注ぐ紫外線の9割以上はUVAである。

しかもUVAは波長が長い分、浸透力が強く、UVB以上に身体に害を及ぼし、目にも悪い影響を与えることが次第に明らかになってきた。

すなわち、UVBは角膜、レンズ上皮細胞層、皮質部で吸収されてしまい、それ以上には浸透していかない。だが、UVAは角膜、レンズ上皮細胞層、皮質部を通り越して、水晶体内部にまで容易に到達し、活性酸素を発生させるとともに、白内障を引き起こす。

なお、サングラスの色に関しては、できるだけ色の薄い方がいいと言われることもある。

色の濃い薄いサングラスをかけるとより多くの光を取り入れようとして瞳孔が大きく開くため、紫外線を多く浴びるとも言われる。

また、可視光線には眼に悪い影響を与える青色光が含まれている。 青色光は、400ナノメートル〜495ナノメートルの波長の光であり、網膜にダメージを与えることがわかっている。

*本サイトには、できる限り信頼性のある情報限に基づいていますが、異なる見解がある場合、及び私見も含まれます。又、無断転載お断りいたします
Copyrights (C) 眼精疲労・疲れ目を克服するための100の方法 .All Rights Reserved 2011
姉妹サイト:眼精疲労、疲れ目解消の知恵辞典