ほうれん草/目の健康ランキング情報

サプリメントなど目の健康ランキング

眼精疲労、目の疲れ解消のための食べ物ランキング

top > ほうれん草

【食べ物ランキング第四位】

ほうれん草

◆ほうれん草の栄養成分

緑黄色野菜の王様と言われる。
すべての栄養素がまんべんなく含まれている。

ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ミネラルもたっぷり含まれ、カロチンも100gあたり420ug。

葉酸が特に多く、100g当たり210ug含まれる。葉酸は健康な身体を維持するために非常に重要な役割を担っており、葉酸が不足すると、ガンの発生と成長を促進したり、白血球にダメージを与えると考えられている。

現在、非常に注目されているルテインが豊富に含まれている。そのため、一週間に一回でもほうれん草を摂取すれば、黄斑変性症の危険を減らす効果が得られるとも言われるほどである。

ほうれん草はグルタチオンを含む。グルタチオンは小松菜や牛レバー、ブロッコリーにも含まれるが、肝臓の機能を高めるともに、体内のあらゆる組織で作用する主要な抗酸化物質でもある。

◆ほうれん草の効能

ビタミンACEやベーターカロテンがたっぷり含まれているので、大変、目によい食材である。更に、注目のルティンが目の健康を保つとともに、白内障や黄斑変性症の予防に効果がある。

「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」の研究によれば、白内障の予防には、ほうれん草がとびぬけて効果が高いとしている。

また、ほうれん草に含まれるグルタチオンを摂取することは、白内障、緑内障、黄斑変性症、糖尿病網膜症などに対しても有効であると言われている。

◆ほうれん草の摂り方

ほうれん草は長くゆでると、ビタミンCが失われるので、ゆで時間は1分以内にとどめると、7割は残る。

ルテインは熱に強いので、ゆでても損失はない。

ほうれん草を食べるときは、鰹節をかけて食べた方がよい。
ほうれん草には腎臓結石を作るシュウ酸が含まれている。 シュウ酸はゆでると溶け出すから、それほど心配はいらないが、カルシウムが豊富な鰹節をともに摂ることで、シュウ酸とカルシウムが結びつき、腎臓結石ができるのを防ぐ効果が期待できる。

ほうれん草があまり好きではない人は、ほうれん草と切り干し大根の和え物にして食べると、大根の酸味がきいてとてもおいしく食べられる。
作り方は、切り干し大根を水に水に漬けてもどして、茹でたほうれん草に加えるだけである。



*本サイトには、できる限り信頼性のある情報限に基づいていますが、異なる見解がある場合、及び私見も含まれます。又、無断転載お断りいたします
Copyrights (C) 眼精疲労・疲れ目を克服するための100の方法 .All Rights Reserved 2011
姉妹サイト:眼精疲労、疲れ目解消の知恵辞典